浪人


医学部合格者が教える大学受験勉強法+センター試験高得点マニュアルセット

著者の大平から大学受験合格へのメッセージや アドバイスをお話しています。


■医学部合格通知書■
浪人
大平俊介のプロフィール

自宅浪人、大手予備校を経験。 高校時代は偏差値40から50程度だったが、 現在の勉強法を知り、大手予備校の記述模試の 偏差値70以上、センター試験本試験で、 5教科8科目(理科3科目 ※当時は3科目受験可)で9割を超える。 大手予備校の記述模試で全国総合成績100番以内などの結果を残す。 予備校時代に50万、100万とお金や時間を費やしても成績が伸びない受験生が多いことに気づき、5年前から自身の大学受験勉強法を、インターネットを通じて、成績が伸び悩む受験生や 保護者の方々に教え始める。 インターネットでの指導開始から5年以上経過し、国公立医学部や難関国公立・人気私大などへの合格者を輩出している。ウェブサイトは感想の数が膨大でかつ信頼性が高いことで有名。

感想一覧

■共同獣医学部に合格した浪人生にインタビューしました。

※クリックすると音声が出ます。(約16分間)

偏差値10アップ ■1浪目の医学部受験生 評価:★★★★★

今年国公立医学部の受験に失敗し、このマニュアルを手に取り4月から浪人生活を送ってきました。 このマニュアルを読むまでの高3の受験勉強は、個人塾に通いひたすら数学の問題を解く作業の繰り返し。 数学が大の苦手の私にとって、塾の講師がきれいな回答を書くのを見て、「自分にはこんな解法思いつかない。センスがないのだろうか。」と思い、 復習も十分でない中ただ問題量をこなすだけで、成績は全く伸びませんでした。 このマニュアルを読んで、数学に限らずどの科目においても、必要な秘訣や方法が分かり、 本当に「目から鱗」でした。 今までの自分は何をやってきたのか"と、今までの勉強法が全く違っていたことに愕然するほどでした。 また、勉強面以外においても、精神面などのアドバイスもいただき、現役の時は心に全く余裕のなかった自分を改めることができました。  マニュアルのおかげで、5月の時点で50ちょっとしかなかった数学と化学の偏差値は、8月になると10以上上がり、ほかの科目もすべて上がりました。 現役の時伸びることのなかった偏差値が伸び嬉しかったです。 闇雲に問題を大量に解くのではなく、マニュアルの方法を意識して問題を解いたことで、成績が大きく伸びたことに感謝しています。

本番前購入で、100点UP ■志望校合格の浪人生 評価:★★★★☆

マニュアルを実践して良かった所は何をどうすべきかなどが具体的に書かれていあたことだと思う。 たとえば日本史はセンターの過去問を解くよりも、 ○○○のほうが良いなど、国公立・難関私学・医科大を目指す人にとって効率よく勉強できる方法がマニュアルには書かれていたと思う。 また国語では巷で噂(?)になっている 「裏ワザ大全」などの経験談などがとても役に立った。大平さんが医学部の影響もあるのかもしれにけれど、 割と理系の人に向いているマニュアルかなと思う。 予備校に行けずに宅浪してる人は購入した方がいいと思う。センターの2ヶ月前に購入し、100点ほど点数が上がることが出来た。 1ヶ月前ではさすがにここまで伸びないと思うけど、1年前に購入しセンターまでに実践したらセンターの高得点はいけると思う。 ただ国数英の情報は充実しているけれど、理社の情報が少し物足りないかなと感じた。 ただ買うか買わないか迷っている人は買うほうがいいと思う。

徳島大学医学部に合格 ■医学部合格の浪人 評価:★★★★☆

去年の11月頃に大平さんのマニュアルを購入した者です。 現役での医学部合格は逃したものの、 一年浪人し大平さんの言われた通りに、センター対策よりも2次対策を中心に、そして予備校(代ゼミ)の授業は週に1コマのみとり、あとは自習室で効率の良い勉強を行なった結果… 徳島大学医学部医学科に合格する事ができました!! センターはマークに対する苦手意識があってか、9割は逃してしまったものの、2次対策を入念に行なっていたことが功をせいしたのだと思います!! 本当にありがとうございました。

浪人


医学部合格者が教える大学受験勉強法+センター試験高得点マニュアルセット

在学中に撮影した東大卒プロボウラー山本幸治さんとの対談映像は以下よりご覧ください。(約30分)
※再生ボタンを押してから動画の読み込みまで少々お時間がかかります。

2013年12月25日

【大学受験浪人予備校】浪人生は、予備校に入れば、合格できる?



大学受験浪人予備校


この勉強法を始めて、念願の医学部に合格した私ですが、
その経験から思ったことは、

「大学受験はこの秘訣を知っているか知らないかの違いだったのか」

ということです。



以前まで、合格は難しいと思っていた医学部でも、
大学受験の秘訣を知り、それに従って勉強すると、いつの間にか合格していたのです。


こうして、私は無事合格できましたが、周りの友人や、通っていた予備校の受験生の中には、
一年間以上勉強したにも関わらず、志望校に合格できず、滑り止めの大学に進学するか、
もう一年浪人するしかない人達が大勢いました。



その経験から、

「私と同じように悩んでいる大学受験生にも、この勉強法を伝えたい」

という思いが湧いていきました。





そんなきっかけから、受験生を指導することになった私でしたが、
メールや電話でサポートする中で、ある時、彼らが勉強しても成績が伸びない理由には、
共通の原因があることに気がついたのです。


そして、その共通の原因とは、なんと、
私が浪人をきっかけに気がついた大学受験のある秘訣を知らないことにあったのです。




そこで、彼らに、大学受験のある秘訣と共に、私の勉強法を教えることにしたのです。

すると、数ヵ月後・・・

全国から私のもとへ受験生や 保護者の方から

「成績が一気に上がった」
「志望校に合格した」

などのたくさんのメールや手紙が届くようになったのです。




そして、もう一つ、あなたに言いたいことがあります。


それは、いつまで「もともと頭のいい人の勉強法」をまねするのかということです。



世間には、たくさんの勉強法についての本が出ていますが、
その著者の多くは、もともと優秀な人が多いように思います。


そもそも、頭のいい受験生は、集中力や記憶力が一般の受験生よりも異常なほど高いため、
彼らが実行している勉強法は、平均的な能力の受験生にはまったく合わないことが多いのです。



それにも関わらず、もともと頭のいい人のアドバイスを受け入れてしまうと、
その効果はないばかりか、かえって、あなたの成績を下げてしまう恐れがあるのです。



また、もともと頭の良い人が使う言葉に、「勘、センス、フィーリング」というものがありますが、
それは、彼らが、もともと優秀なため、なぜ成績が伸びているのか、なぜ問題が解けるのか、
ということを彼ら自身では意識できていないため、それらの言葉を使っているのです。



そんな「勘やセンス、フィーリング」などと言った言葉に惑わされてしまうと、
一般的な受験生の場合、成績は問題の相性によって大きく左右されてしまい、安定しなくなります。



そんな状態では、試験本番でも、その年の問題によって成績が左右されてしまうため
確実に合格を狙うことは難しくなります。



そうならないためにも、あなたに必要なものは、平均的な能力の受験生でも成績の上がる
実践的な医学部合格者が教える大学受験勉強法+センター試験高得点マニュアルセットなのです。




大学受験浪人予備校




posted by 大学受験浪人予備校 at 07:37| Comment(0) | 大学受験浪人予備校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月19日

【大学受験浪人予備校】自主的に勉強をすることがベスト!



大学受験浪人予備校


大学受験浪人予備校


何事も、他人に言われたからと言う理由で行動を起こしているようでは、期待以上の結果を出すことは難しいです。

人間が一番結果を出すには、自分自身が本気でその結果を出したいと思えるかどうかにかかっているのです。
その点では、浪人生が志望校を目指すことも、どれだけ浪人生がその志望校に通いたいのかの気持ちが大きく影響してきますね。


早い話、浪人生では、自主的に勉強ができていれば合格できますし、そうでなければ、合格はできません。
予備校に通う方って、なんとなく勉強している方がかなり多いです。
「とりあえず、難関大学に行きたいから」「第一志望に落ちたから」
そんな声をかなり聞きますが、果たしてそれは本当に心の底から思ってるのかが疑問視されます。


人間は、周りに流されやすい生き物です。そのため、予備校に通っている弱い意思の受験生に囲まれて勉強をしているとどんどん自分自身も意思が弱くなります。

特に、4月頃の予備校は皆が予備校に通いさえすれば、大学に合格できると勘違いしている時期ですので相当甘い考えを持つ受験生が急増しているのです。

なぜなら今から受験を頑張ると意気込んでいる中で、いざ予備校に通い出したら、周りに流されてしまうと言う方がとても多いのです。



予備校では、あたかもやる気を出してくれそうな雰囲気を売りにしています。
もちろん、授業を行ってる講師の方たちは、やる気に満ちあふれていて、高校の教師の方よりも熱心でもあります。

ただし、肝心の生徒の8割以上がそれほどやる気のない方で溢れているのです。


ちなみに、独学で勉強をする癖をつければ、周りに流されずに、自分のモチベーションを元に勉強ができるので、
成績向上の可能性がかなり高いです。
独学していると周りと不要に接点を持たないので、自分のモチベーションを邪魔されないのがメリットです。


そして、受験だけでなく大人になってからでも使える、目標達成のスキルを一足先に身に付けることができてしまいます。



大学受験浪人予備校


大学受験浪人予備校



posted by 大学受験浪人予備校 at 00:00| Comment(0) | 大学受験浪人予備校 予備校では成績は上がらない | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月18日

【大学受験浪人予備校】食事、睡眠、お風呂を区切りにリズムを作る



大学受験浪人予備校


大学受験浪人予備校



浪人生になると、とにかく自分を縛るものがないので、かなり自由な生活スタイルが可能となります。
そこで、はじめのうちは、勉強をとにかくするのでいいのですが、徐々に勉強に対するモチベーションが下がり、最終的には、ほとんど勉強をしなくなってしまう浪人生がいます。

これらの現象は、現役生よりも圧倒的に浪人生に見受けられる現象です。
そして、原因は、浪人生だと生活のリズムをつかみにくいからです。

現役生は、高校に通うことが決められています。そして、高校には、基本的には、月曜から金曜まで朝から夕方まで通うことが必要で、これにより生活のリズムが出来てきます。
ちなみに、長い目で見ると生活リズムの中に勉強を無理なく入れることが一番長続きする勉強方法です。

浪人生は、自由に生活のスケジュールを立てることができるので、一時的に急に勉強しているうちはいいのですが、モチベーションが下がり、勉強しなくなるとそこから立て直すことが難しいのです。


そんな浪人生にオススメなのが、食事、睡眠、お風呂を区切りに勉強の1日のスケジュールを立てることです。
朝ごはんを食べる前に、1時間、お風呂の後に2時間などと、生活習慣とセットで勉強することを強制することで、自然とお風呂に入った後に勉強するという流れを作ることで、無理なく勉強を一定時間こなすことができるのです。


特に、独学の場合では、なおさら、区切りにできるものが少ないんで、食事などと言った生活リズムに連動させて、勉強スケジュールを立てることは必須ですよ。


ただし、中には、全く集中ができずに受験勉強がはかどらない日もあるでしょうから、そのようなときには割りきって遊びの予定を入れてしまいましょう。
生活スケジュールに勉強を入れることは、重要ですが、同じくらい重要なのは、休憩や気分転換の方法です。

勉強をスケジュールに入れすぎてしまうと、突然急にやる気がなくなると言う現象もおきますので、息抜きのバランスは、自分に嘘をつかずに入れていきましょう。


大学受験浪人予備校


大学受験浪人予備校



posted by 大学受験浪人予備校 at 00:00| Comment(0) | 大学受験浪人予備校 浪人生の勉強法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。